消しゴムケース

MONO消しゴムケースが作成できます

Eraser-Case Admins

何色のケースにしますか?

あなたの好きな色を選んでください!

Magic Color

できること

本ページのリンクにはプロモーションを利用しています

このサイトでは消しゴムケースが作成できます。
一般販売されているMONO 消しゴム PE01 を使用しています。サイズはPE-01AまたはPE-01AB (ブラックのやつです!)です。
大量に作成される場合はPE-01 40個入等を購入すればコスパよいですよねぇ。 他のサイズが必要であればお問い合わせからリクエストを投げてください。

簡単に作成できるようにWebアプリにしました。
エクセルやワード、JPEGの編集等色々な方法で作成ができました。 その度に編集ソフトを開き色を変え文字を修正しサイズを合わせてと 苦労がありましたが、ブラウザのみで簡単に作成できるようにしました。

このサイトは有志によって運営しています。 みなさんの感想が力になります。 どんどん感想をください! 写真付きで感想をください

Mobile

モバイルデバイスからでも作成できます。

Web

Webブラウザで操作します。

Responsive

レスポンシブデザインを採用しています。


サンプル写真

購入時の状態

購入時のケース状態

その2

第二弾

MIYAKO作

よい感じだと思いませんか?

作り方

必要なモノ

アフィリエイト広告を利用しています

必要なモノを揃えます。
MONO 消しゴム PE01または MONO 消しゴム PE04
EPSON 写真用紙 L判とか キヤノン 写真用紙 L判のL版写真用紙
ちょっと太めの透明テープ、 ニトムズ 梱包テープ カッター付とか 3M梱包テープ カッター付とか 近くに100均があればそれでもOK
よく切れるはさみ
テープのり。両面テープでもよいですがテープのりの方が簡単に作れて便利です
プリンターもお忘れなく、 EPSON EP-886AWとか EPSON EW-M754TWとか Canon TR703aですね

そしてケースのイメージを考えます
色や文字などです






さぁ作りましょう

1このWebサイトでケースイメージを作成します

2作成したイメージファイルをダウンロードします
ファイルの種類はPNG画像になります

3ダウンロードしたイメージファイルをL版写真用紙を使ってプリンターで印刷します
この時「ふちなし印刷」はしないでください
こんな感じになりますかね。


※新機能 印刷した右上に10mmの線を出力しています。
これが実際に10mmになるように印刷を調整してください!!


※新機能 作成時に画像を挿入できるようになっています。
アップロードした画像の縦横比を固定できる機能もついています。
微調整は画像の位置を少しづつ移動できます。横はプラスの値を入れると右に動きます。
縦はプラスの値を入れると下に動きます。
※追加機能 ケースサイズが微妙に大きい場合は、少し小さいサイズで作成のチェックを入れると
ちょっとだけ小さくなります。

4印刷したら上から透明テープを貼ります
まだ切らないでください
テープを貼ると本物みたいにツヤツヤします。

5きれいに切ります
角っこの切込みも丁寧に切り取ってください
いかに丁寧に切れるかがポイントです。

6のりしろの部分に両面テープを貼ります
はみ出た部分は切り落としてください
綺麗に貼りましょう。

7切込みに沿って折り、のりしろ部分を貼り合わせます
消しゴムに巻きながらやると綺麗に作れます
あと少しで完成です!

8完成です!
パチパチパチ~

作成!!

/ 文字の色 : / 文字の色 : / 文字の色 : / 文字の色 : / 文字の色 : / 文字の色 : / 文字の色 :
注意 ※1行の文字数はケースにより違うので作成して確認してください。
ベースカラー1 :

ベースカラー2 :
左4桁 : 右4桁 :
画像 :
     縦横比を固定
    微調整:横  / 縦
ケースサイズ 少し小さいサイズで作成
フォント  フォントサンプル

『NotoSansCJKtc-Regular』フォントは韓国語・中国語の出力が可能です
Google Fontsのフォントを利用しています

おすすめカラーセット


ボタンを押したら少し待ってね

お問い合わせ

完成した消しゴムケースはFacebookページに投稿してください!
投稿された写真は当サイトの写真ページに利用させていただく場合があります。

消しゴムケースを作ろう!実行委員会 from 京都
Email: info@eraser-case.com
Web: eraser-case.com